読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業の大学【セールスカレッジ】

「営業をがんばりたい!」のに「やり方が分からない…」

できる営業マンのイメージ持っていますか?

 

f:id:salescollege:20161128173720j:plain

 

【できる営業マンのイメージを持とう!セミナー特別ブログ講座】

 

<1回目>

できる営業マンのイメージ持っていますか?

 

12月22日に行われるセミナー「できる営業マンのイメージを持とう!」の特別ブログ講座を開始します。

 

いきなり質問ですが、あなたにとって「できる営業マン」のイメージは何ですか?

これは、営業マンの教育をする時によく聞いている質問です。

 

何故こんな質問をするのか?

 

正直申し上げると、私が営業をしていた時にこのイメージが持てていなかったからです。

私は、32歳まで営業専門の仕事をしていました。

そこから、営業の教育や、コンサルティングに転身しました。

 

転職した人はこんな経験ありませんか?

 

「前職でこんなふうにできていたら、もっと営業成績をあげられたかも…」

 

転職をしたばかりは、やる気十分ですし、業務に対する客観性があります。

イメージは、好奇心旺盛なこども。

見るもの、感じるものが新鮮に感じます。

そうすると、前職では、「当たり前」と思っていたことが、そうじゃないかもと思いだす。

 

この「当たり前」を疑うことは、簡単なようでめちゃくちゃ難しい。

人間の脳は「慣れる」ことを好みます。

そして、周りと順応していた方が、やりやすいです。

 

できる営業マンのイメージを自分に問いかけることは、「当たり前」を伺うスイッチになる便利な「質問」です。

 

私の場合、できる営業マンをイメージすることを考えたことがなかった。

もっと言えば、それに気づくことがなかったです。

この魔法の質問を知っていれば、違っていたかもと思います。

 

できる営業マンをイメージするということは、自分が目指すべきGoalがはっきりあることです。

何かに迷った時も、Goalのイメージがあれば、前に進めるはずです。

 

では、できるってどんな営業マン?

 

2回目は、「できる」、「できない」の定義について考えてみたいと思います。