読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業の大学【セールスカレッジ】

「営業をがんばりたい!」のに「やり方が分からない…」

オセロと「習慣化」の共通点を見つけました!【セールスカレッジ】

【第2回】習慣化ダイエット編

f:id:salescollege:20161216143626j:plain

「できる営業マン」の習慣化セミナー【特別ブログ講座】

 

<2日目>

オセロと「習慣化」の共通点を見つけました!

 

2月8日(水)に行われる「できる営業マン」の習慣化セミナー。

キックボクシングの元日本チャンピオン板倉さんの指導の元、「習慣化」をテーマにダイエットに取り組んだ成果から学んだことを発信しています。

結果は、1か月で6.5㎏減。

始めて2か月半たった今も、全くリバウンドしていません。

 

営業マンとダイエットの共通点は、「続けること」。

セミナー当日まで、「習慣化」についてのブログを書いていきます!

 

1日目:オセロの勝ち方とは?

2日目:オセロと「習慣化」の共通点を見つけました!

 

1日目のブログで書いた、オセロと「習慣化」の共通点。

1つは、「やり方(目的)を知ると、成功確率が高くなる」でした。

「習慣」を作ることには、「コツ」があります。

その「コツ」を知っているのか、知らないのか。

また、何を「目的」にして「行動」すれば良いのか?

これが、「習慣」の力を手に入れるための1つ目のポイントです。

 

「コツ」さえ掴んでしまえば、かなりの確率で、ダイエットは成功します。

また、色んなことに応用可能です。

 

・タバコをやめられない人

・ギャンブルをやめられない人

・営業をサボってしまう人

 

本日のテーマは、もう一つのオセロと「習慣化」の共通点です。

それは何か?

 

オセロには、白と黒の二色の石があります。

そして、白と黒が戦って、勝敗を決めるゲームです。

実は、「習慣化」にも白と黒の二色の石(意志)があり、その意志が戦っているのです。

「習慣化」のコツを知る為には、まず白と黒の意志を知らないといけません。

 

白の意志:有意識

黒の意志:無意識

 

ダイエットは、食欲という「無意識」と、痩せるために食事制限するという「有意識」が戦っている状態です。

最終的に、痩せるために食事制限するが勝てば、体重は減ります。

 

「習慣化」とは、もう一歩先の話になります。

オセロでイメージすると、白が黒に勝っている状態は「行動」状態です。

そして、盤上に白しかなくなった状態、それが「習慣化」です。

白だけになれば、もう黒は置けません。

黒が置けないので、白が継続していく訳です。

 

実際には黒は「食欲」という強い欲です。

おそらく黒がなくなることは無いでしょう。

本来は、白(有意識)を「無意識」(当たり前)に変えていきます。

 

「習慣化」とは3つの段階で成り立ちます。

1.白(痩せたい)が黒(食べたい)に勝っている状態

2.黒(食べたい)の置く場所が無くなった状態

3.白(痩せたい)を「無意識」に変換した状態→「習慣化」完了

 

因みに、ダイエットというオセロゲームでは、黒はめちゃくちゃ強いです。

ダイエットの失敗事例が後を絶たないのは、黒が強い証明です。

 

でも、それは当たり前のことです。

黒は人間が生きるために脳にインプットされている基本機能だから。

 

吉田松陰はこう言いました。

 

一つ、およそ、人として生まれたならば、人が鳥や獣と違う理由を知らなければならない

 

鳥や獣は黒の基礎機能で生きています。

でも、人間は白を持っているのです。

黒にコントロールされない自分を手に入れることができれば、ダイエットに成功し、営業をサボらなくなります。

それが、「習慣化」の力です。

 

本日は、オセロと「習慣化」の共通点について書きました。

次回は、有意識、無意識の違いをイメージできる色んな事例を紹介したいと思います。