読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業の大学【セールスカレッジ】

「営業をがんばりたい!」のに「やり方が分からない…」

塾生の声➀

「できる営業マン」のイメージ持っていますか?

f:id:salescollege:20161128173720j:plain

【できる営業マンのイメージを持とう!セミナー特別ブログ講座】

 

<5回目>

塾生の声➀

 

12月22日に行われるセミナー「できる営業マンのイメージを持とう!」の特別ブログ講座第5回目。

 

本日は、第1期生の声を紹介します。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【営業歴4年、営業の本質に触れる】

 

森田塾に入る前の私は、

『正直営業の「え」の字もしらない、素人自信満々営業マン』でした。

森田塾で本質の営業を学び、本当に今までダメダメな営業マンであったと、過去の自分にも、今まで営業をしてきた先方の方に対しても、恥ずかしい気持ちになっています。

 

では、何がダメだったのでしょうか?

 

いろいろあります、が大きく3つにまとめることができます。

①第一印象の大切さ

②無駄に自信はあるがすぐに落ち込んでしまう

③すぐに提案してしまう事

 

■「第一印象の大切さ」について

相手が感じる自分の印象は会って数秒で決まります。

そんな大事な事もしらず、何となく名刺交換をし、相手の印象も気にせずへらへらした態度をとっていました。

※動画で自分の名刺交換の姿を撮り、こんな名刺交換をしていたのか・・・と落ち込みました。

 

第一印象が悪いと「この人に営業されても聞きたくないな」と、聞く耳をもってくれないと思います。

第一印象が良いと、話も聞いてくれるし、信頼されるようになります。

これだけでもグッと営業力がアップする事を学びました。

 

■「無駄に自信はあるがすぐに落ち込んでしまう」について

今まで私は何を根拠にそのように考えていたかわかりませんが自分は勝手に「俺はできる営業マンだ」と思い込んできました。

今まで先輩に可愛がられてきたし、どんどん行動しているし、営業に関する本も読んでいる、って。

 

それなのに、先方から社長がたまたま来てしまうと、勝手に上がってしまいもちろん良い営業なんか出来ずに、何で俺はこんなにダメなんだ…って落ち込んでしまう。

こんな営業マン、部下にしたくないと思います。

 

営業は、結果を出している方に教えて貰えば売れる営業マンになる、という事ではないと思います。

結果が出る営業を教えてもらう事がいかに大切かを森田塾に入って気づきました。

自信のつけ方も、落ち込んでしまう時もその失敗が無駄にならない様によりもっと力がつく様になる仕組みが必要です

それを教えてくれる塾です。

 

■「すぐに提案してしまう事」について

私は今まで営業になると、相手のニーズも把握せずに会って間もなく、提案資料を渡したりしていました。

相手のニーズも把握せずに、です。

なぜそんな事をしていたのか?

 

それは周りもそのような事をしていると思っていましたし、間違っているという認識もなかったからです。

それでは第一印象がよくても話になりません。

 

まず相手が何を問題視しているかを『話してもらう技術』を学びました。

相手に質問し、気持ちよく話してもらい、気付いたら問題点を話してくれます。

そしてその問題について提案すればよい。

こんな流れ、理想な提案・営業だと思いませんか?

そんな事も学べてしまうのが『森田塾』です。

 

以上の3つの点から分かるように、私の営業に対する考え方が変わりました。

できる営業マンのイメージが明確になったことで、どのように行動すればよいのかが明確になり、自然と成果が出るようになりました。

 

そんな森田塾のオープンセミナーが12月22日にあります。

 

できる営業マンのイメージを持っていますか?

 

私もできる営業マンのイメージができてから、行動が変わりましたが、その理想像を明確にしてくれるセミナーになります。

  • なんとなく営業をしている方、
  • 結果が出ず悩んでいる方、
  • 部下にどの様に教えていいかを悩んでいる方、
  • 営業職を経験していない方、
  • 結果は出ているが、なぜ結果が出ているか説明できない方

営業に携わっている方にはこのセミナーに参加頂きたいです。

 

営業に苦しまずに、楽しく営業ができ、結果が出る。

その一歩をこのセミナーから踏み出してみませんか?

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

本日は、実際に塾生が書いてくれたコピーを紹介致しました。

等身大の意見を肌で感じて頂ければ嬉しく思います。

6回目は、できる営業マンの「目標設定」について書きます。